高橋公認会計士・税理士事務所 > 事業承継 > M&Aとは?目的や基本的な流れなどわかりやすく解説

M&Aとは?目的や基本的な流れなどわかりやすく解説

会社の事業再編を行う際にはM&Aを活用する場合があります。このM&Aを行うことによって様々なメリットやデメリットがあります。

M&Aとはどのような流れで行われ、そしてどのような目的で行われるのでしょうか。

 

■M&Aの目的
M&Aとは買収と合併を意味し、会社自体を他社に買収してもらう、合併したり、事業単体を買収合併することを言います。

このM&Aを行うことによって次のようなメリットがあります。

 

・このままでは存続不可能だった事業を再生、継続することが出来る
・財務状況が問題ない会社に事業を任せることができ、事業の発展が見込まれる
・買収側はすでに完成している、または完成しかけている事業を買収することで円滑な事業拡大が出来る

 

M&Aを活用することでスムーズに事業発展を行うことが出来るのです。

 

■基本的な流れ
M&Aを行うには、ます事前調査を行い、その後交渉、売買、合併という流れになります。

 

・事前調査
まず買い手側、売り手側ともにお互いの財務状況やガバナンスなどを事前調査します。買収してもいい企業、事業なのか、そして売り手側はここに売り渡しても問題ない企業なのか、ということを調査します。これをデューデリジェンスということもあります。

 

・交渉
事前調査が終わると次に交渉に入ります。売買価格はいくらにするのか、特に非上場企業は株価が表面化していない未上場株式を売買することになりますので、税理士に入ってもらい売買価格の交渉を行う、というパターンが望まれます。加えて従業員の処遇などについても話し合うとよいでしょう。

 

・売買
売買価格が決定したら実際に売買取引に入ります。株式の移転などを行います。

 

・合併
従業員の処遇、設備の移動など交渉の段階で決まった事項についてお互い履行を行います。

 

高橋公認会計士・税理士事務所では中央区、港区、文京区、豊島区を中心に東京、埼玉、千葉、神奈川の皆様に様々なご支援を提供しています。
事業承継でお困りの際はお気軽に高橋公認会計士・税理士事務所にご相談ください。

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Staff

資格者紹介

高橋 慶親先生

高橋 慶親Yoshichika Takahashi

先を見据えた相続税対策で、「いま何をすべきか」を適切にアドバイスをいたします。
明るい未来のために、まずは当事務所へご相談ください。

所属等
  • 日本公認会計士協会 (18738)
  • 東京税理士会(137152)
  • 基礎クラス+α会社法(2010年11月、法律文化社、共著)
経歴
  • 昭和52年5月:三重県亀山市生まれ、滋賀県大津市育ち
  • 平成8年3月:私立洛星高等学校 卒業
  • 平成12年10月:公認会計士第2次試験 合格
  • 平成13年3月:立命館大学法学部法学科 卒業
  • 平成16年3月:公認会計士第3次試験 合格
  • 平成16年4月:公認会計士登録(日本公認会計士協会第18738号)
  • 平成28年1月:高橋公認会計士・税理士事務所を開設
  • 平成29年12月:税理士登録(日本税理士会連合会第137152号)
  • 公認会計士第2次試験を大学在学中に合格。合格と同時に大手監査法人に入所し、5年間の監査経験を積む。その後、BIG4系コンサルティングファームや事業会社等を渡り歩き、主に再生業務(M&Aや管理部門の立て直し等)を10年以上経験。

Office Overview

事務所概要

名称 高橋公認会計士・税理士事務所
資格者氏名 高橋 慶親(たかはし よしちか)
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-11-1403
連絡先 TEL:03-4500-5189/FAX:03-6740-8354
対応時間 平日10:00~17:00
定休日 土・日・祝
アクセス 東京メトロ有楽町線 新富町駅から徒歩3分
報酬について 弊所の報酬は、各案件ごとにリスクと手間を勘案したオーダーメイドで設定します。
一方で、弊所は、オーバーヘッドコスト(間接費)を可能な限りかけない事務所運営を行っておりますので、他よりも割安でお引き受けすることが可能です。
お気軽にご相談ください。